IKEAが3Dプリントのデータ提供で家具のアクセシビリティを向上

3Dプリント技術が障害のある人々へのサポートに利用され、非営利団体や病院などが、この最新技術を取り入れ始めている話はよく耳にするようになってきました。

今回は、世界最大の家具量販店であるIKEAが、より多くの人々に手が届く3Dプリントを利用したプロジェクトを始めました。

人々の生活をより良いものに

IKEAイスラエルは、非営利団体のMilbatおよびAccess Israelと共同で、「ThisAbles」というプロジェクトをスタートしました。

障害のある人々や特別なニーズのある人々にもIKEAの家具が使いやすくなるように、ThisAblesではIKEAの既存の商品に追加して使用できるパーツの3Dプリント用データを無料で提供しています。ThisAbleからSTLデータをダウンロードし、3DプリントしてIKEAの商品に取り付ければ、障害のある人々でも家具が使いやすくなります。

例えば、IKEAの通常のクローゼットのドアノブでは開けるのが難しいという人には、「EASY HANDLE」があります。ThisAblesからEASY HANDLEの3DプリントのSTLデータをダウンロードして3Dプリントし、IKEAのクローゼットに取り付ければ、腕や手全体を使って簡単に開けられるようになります。

他にも、小さなスイッチが簡単に押せるようになる「MEGA SWITCH」、ガラスの扉などに車椅子などがぶつかっても壊れないようにする「GLASS BUMPER」など、現在は13個のパーツを3Dプリントできるようになっています。

また、デザインや説明も簡単で分かりやすいのが、IKEAらしいですね。

こういった誰でも手に入る3Dプリントを利用したサービスを展開する大手企業は、まだ多くありません。

客が自分で3Dプリントしたパーツを使用して事故が起き怪我をした場合、そのデータを提供した企業の対応や刑事責任の有無など課題もあります。

しかし、データをダウンロードするだけで世界中の人々がどこにいても各自で3Dプリントしてパーツを得ることができる、というのは3Dプリント技術の利点であり、それを活かしたビジネスやプロジェクトが進んでいることも間違いありません。

世界中の人々に馴染みのある大手企業のIKEAが実際にこういったプロジェクトの運用を始めたことは、大きな一歩であるといえます。

3Dプリント技術に関するご相談は、3D Printing Corporationにいつでもお問い合わせください

出典元:

https://www.fabbaloo.com/blog/2019/3/17/ikeas-consumer-3d-model-repository

https://3dprintingindustry.com/news/ikea-israel-launches-free-3d-printable-thisables-to-improve-furniture-accessibility-150982/