第4回 DMS名古屋(名古屋 設計・製造ソリューション展)レポート

名古屋ものづくりワールド 第4回 設計・製造ソリューション展(DMS)に出展いたしました!

名古屋ものづくりワールドは、中部地域最大の「デジタルものづくり展示会」で約1,150社が出展し、2019年4月17日~19日の3日間で36,000名以上の来場がありました。

開会前にサッと1枚

開会前にサッと1枚

3D Printing Corporationは、パートナー会社である株式会社テクノソリューションズ様と共同出展し、私たちのブースにも3日間で大勢の方々にお越しいただきました。

IMG_3316-edited.jpg

ブースでは、テクノソリューションズ様の3Dスキャナーや3D CADの展示と併せて、Markforged社の金属3Dプリンター「Metal X」ならびに複合材料3Dプリンター「Mark Two」を披露し、プリンティングを実演いたしました。

IMG_3314.JPG

従来の金属3Dプリンターとは異なり、Metal Xで用いられているMarkforged社独自技術の「ADAM方式」では、樹脂に金属粉末を閉じ込めたフィラメントを使用して造形するため、直接金属粉末を扱う必要がありません。そのため、こういった展示会でも安全に金属3Dプリンティングを行うことができ、多くの方にその技術を実際にご覧いただくことができました。

Metal Xのサンプルも展示いたしました。

マットグレーのサンプルは「グリーンパーツ」と呼ばれるもので、3Dプリントしたままのパーツになります。この後、Wash-1というバインダー除去用機器にて、特殊な薬品によりグリーンパーツ内の結合剤(バインダー)を除去し、Wash-1の処理後の「ブラウンパーツ」をSinter-1またはSinter-2の焼結炉で焼結することで、完全な金属部品が仕上がります。

IMG_3308 (2).JPG

弊社およびテクノソリューションズ様のブースにお越しいただいた皆さま、誠にありがとうございました。

現在、3D Printing CorporationではMetal Xの特設ページを設け、無料にてベンチマーク作成を受け付けております

弊社では、3Dプリンターの販売のみならず、お客様にあったプリンターの選定、DFAM(特殊設計)の支援や代行、運用に関するアドバイス・コンサルティング、メンテナンスなどのアフターサポートなど全てをご提供させていただいております。

その他、お見積り依頼やご質問などがありましたら、お気軽にお問い合わせください

今後の展示会やイベントの出展につきましては、本ブログにてアナウンスいたします。またお会いしましょう!