【レポート】未来への投資に、なぜ3Dプリントを選ぶのかについてお話しました!-3D Printing特区

3Dプリント技術に興味のある方が集まり、学んで交流するイベント「3D Printing特区」。

2019年2月28日のイベントでは、「未来への投資に、なぜ3Dプリントを選ぶのか」をテーマにお話いたしました!

あいにくのお天気でしたが、多くの方にお越しいただきました。ありがとうございます!

small1.png
small2.png

3DPCのCTO 古賀によるトークでは、3Dプリントにより変わり始めている産業とその将来についてお話しました。

日本での3Dプリントのイメージは、ホビーユースやプロトタイプが多いですが、海外ではAdditive Manufacturing(付加製造)技術として既に産業に取り入れられています。

世界における3Dプリントの成長は大きく、年間成長率27%で伸び続けると予想されています。特に、高強度で軽いパーツを造形できるCFRP(炭素繊維強化プラスチック)は、2028年には1兆円市場になると見込まれています。

3Dプリント導入のメリットには、

  • コスト削減、時間短縮

  • 製品サイクルの高速化

  • 量産化(カスタム製品も)、後処理の自動化

などが挙げられます。

今回トークでは、3Dプリントにより何が効率化されるのか、どういったメリットがもたらされるのか等ご紹介させていただきました。

残念ながら時間に限りがあり、すべてを網羅してご説明することはできませんでしたが、Q&Aタイムや交流会でも参加者様と直接お話させていただきました。

成長の伸び率を見ても分かるように、3Dプリント技術を利用し、未来を見据えた戦略が大切になりますね。

今回イベントのスライドを公開しましたので、もっと知りたい方はぜひご覧ください!

トーク後の交流会も熱い話ができました!

今回初めて3D Printing特区にご参加いただいた方も多くいらっしゃり、たくさんお話を聞かせていただき、実りある時間となりました。

ご参加いただいた皆さま、どうもありがとうございました!

次回の3D Printing特区は、2019年3月28日(木)に開催予定です!詳細は追ってアナウンスいたします。

またお会いしましょう!