【レポート】TechShop Tokyoにて、3Dプリント量産設備「SE3D Factory」についてお話しました―3D Printing特区

画像:TechShop Tokyo

画像:TechShop Tokyo

3Dプリントについて学んで交流するイベント「3D Printing特区」。

今回は初めてTechShop Tokyo様にて開催しました!

P_20190918_183530.jpg

TechShop Tokyoは、様々な工作機械が使い放題のものづくりスペースです。

3Dプリンターや加工機、レーザーカッター、溶接機、工業用ミシンなどの工作機械が豊富に揃っており、金属、樹脂、木材、ファブリックなど幅広い材料に対応。自分のアイディアを形にするものづくりが自由に行われています。

BCN3D Technologiesの3Dプリンター Sigma もTechShopにて活躍中です!

BCN3D Technologiesの3DプリンターSigmaもTechShopにて活躍中です!

 

イニシャルコスト0円から製造業!?「SE3D Factory」とは

まさにTechShopなどのスペースで、個人レベルから新しいモノが生まれています。開発に成功した素晴らしいモノを製品化して広めたい…しかし、製品化して広めるためには、製品を量産する設備などが必要で、初期投資費用の壁が立ちはだかります。


そこで、企業はもちろん、個人でも初期投資なしで始められる製造インフラを作ればいいのでは?という考えから、3D Printing Corporationの「SE3D Factory(シード・ファクトリー)」が始まりました。


3Dプリンターはプロトタイプやホビー向けというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、3Dプリンターは量産にも活用できる時代になっています。

SE3D Factoryでは、数十台の3Dプリンターによる量産が可能であり、「製造インフラ」として利用するのでコストは使った分だけ。個人やスタートアップ企業などでも、高品質の製品を3Dプリンターでより低コストに、より早く、より高性能に量産することができます。

3Dプリンターは炭素繊維強化プラスチック(CFRP)、金属、大型など様々な種類を選ぶことができ、また、3Dプリントだけでなくその後処理まで可能です。

また、今回のトークでは実際に製品生産のために3Dプリンターが活用されている事例や技術をご紹介し、今後、身近になるであろう3Dプリンターの活用の可能性について考えました。

今回のイベントで使用したスライドをフル公開します!今回残念ながら参加できなかった方も、参考にしていただけます!

会場では、独立稼働型デュアルエクストルーダーを搭載したBCN3D Technologiesの3DプリンターSigmaの実演、造形サンプルの展示、そしてドリンク・フードもご提供しました。

TechShop Tokyoでの初開催となった今回の3D Printing特区。様々な良い質問が飛び交い、交流会では話が盛り上がりました。今回のイベントから新しいプロジェクトもいくつか生まれそうです!皆さま本当に色んなアイディアをお持ちで、私たちもインスパイアされました。

IMG_4175.JPG


今後もTechShop Tokyoにてイベントを開催予定です。イベントのお知らせはこの3D Printing Corporationのホームページまたは公式facebookにてアナウンスいたします。

また3D Printing特区でお会いしましょう!

 

直近の3D Printing特区は、渋谷のFabCafe Tokyoにて行います!

いまさら聞けない、製造業の3Dプリント

2019年 9月 26日 (木)

19:00 ―21:00 @ FabCafe MTRL Tokyo 2階

参加無料(定員30名)

詳細・お申込みはこちら