事例:パラリンピック眞田選手の義足リデザインプロジェクト

3DPCは、株式会社GKダイナミックスと共同でリオパラリンピック車いすテニスで入賞を果たした眞田選手の義足リデザインプロジェクトを実施しています。図の右側は義足の足首部分の軽量化を図ったもので、3DPCがAIを駆使して軽量化し、さらに3Dプリンティングしているものです。3Dプリンティングはこれまで難しかった形状を安価に製造可能にするだけでなく、既存パーツよりも高パフォーマンスなソリューションを展開できるという好例です。

事例:他社代理店よりも3DPC、3Dプリントカーボン製製品

有限会社ボーダックはジャパンドローン2017でBest of Japan Drone Awardにノミネート、最優秀賞を獲得したドローン業界では有名な企業です。ボーダックはこれまで別代理店Fから3Dプリンターを購入していましたが、2018年の「クルマの軽量化技術展」で3DPCが自作し展示していた3Dプリント製フルカーボンロードバイクをきっかけに3DPCからの購入、共同開発にシフトしました。ボーダックは既に、商品として3Dプリント製のパーツを使用している他、さらに興味深い開発をしているので、3DPCもその開発をより価値の高いものとするために協力しています。

また、ボーダックは様々なアルミパーツの代替としても3Dプリント製品を利用しています。上記の黒いパーツはMarkForged社製3Dプリンターによって作成されたカーボンパーツです。3Dプリント化によって、軽量化・コスト削減・製造時間短縮を同時に大きな改善幅で達成しています。

 

クライアント

大鉄精工株式会社

株式会社高秋化学

株式会社 立沢化成

千葉工業大学

株式会社テクノソリューションズ

テクノ電子株式会社

株式会社 テクノ西村

有限会社テクノロジーサービス

デジタルファクトリー株式会社

電気興業株式会社

夏目工学株式会社

日産自動車株式会社

日本ケミカルスクリュー株式会社

日本大学

日本テクノサービス株式会社

日本複合材料学会

パナソニック株式会社

株式会社パナソニック ファクトリーソリューションズ

株式会社ヒューマンアセンブラ

株式会社富士根産業

不二無線電気株式会社

株式会社プラスチックマニア

株式会社古川電機製作所

株式会社古館プロジェクト

ベルジュラックジャポン株式会社

株式会社ホウメイ

(有)ボーダック

国立大学法人 北陸先端科学技術

マイクロソリューション株式会社

前畑株式会社

3D-offer合同会社

BULLIT Drones

FabCafe

Haloworld株式会社

High-End Ltd.

株式会社KAJIHARA DESIGN STUDIO

KJケミカルズ株式会社

masa’s factory

株式会社MDS

monomos

Monovation株式会社

TGロジスティクス株式会社

株式会社UCHIDA

株式会社wip

YKK株式会社

Yokoito

株式会社アシックス

株式会社新木プラスティック工業所

独立行政法人国立高等専門学校機構 有明工業高等専門学校

株式会社池田理化

和泉ビジネス・マシン株式会社

国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構

株式会社宇都宮電機製作所

株式会社エノモト

国立大学法人 愛媛大学

大阪市立大学

有限会社大利根精機

オリエント・エンタプライズ株式会社

国立大学法人 金沢大学

株式会社キトー

株式会社木幡計器製作所

キャノン株式会社

九州工業大学

株式会社クボタ

有限会社グローバルウィンド

群馬大学

慶應義塾大学

神戸市立工業高等専門学校

有限会社工房パノラマ

コーヴォ株式会社

国際航業株式会社

株式会社コマデン

株式会社佐藤工務店

サントリーシステムテクノロジー株式会社

芝浦工業大学

株式会社シミズシンテック

シャープ株式会社

株式会社 ジンクラモトスタジオ

株式会社伸和精工

セパレーターシステム工業株式会社

株式会社ソニー・ミュージックコミュニケーションズ

株式会社デンソー

株式会社電通国際情報サービス

東京工科大学

国立大学法人 東京工業大学

株式会社東郷製作所

東京電機大学

豊田工業大学

株式会社GKダイナミックス

株式会社GKダイナミックス

有限会社ボーダック

有限会社ボーダック