医療用製品の開発・製造

伸和精工は3DPCに関わる前から3Dプリンターを運用していましたが、高温消毒が必要な一部製品は3Dプリント化できずにいました。3DPCは耐熱性の高い3Dプリンターを提供し、深い3Dプリントに関する知識を利用して共同開発をサポートすることでこの問題を解決し、製品化に向けて開発を進めています。

動脈瘤手術のシミュレーション用モデル

東京医科歯科大学医学部付属病院血管内治療科根本先生は、3Dプリントを利用した動脈瘤手術のシュミレーション用モデルを作成し、学会などでその効果を発表したこともある、その世界での第一人者です。動脈瘤手術のシュミレーション用モデルとは、患者の動脈瘤をCTから取得し、患者と全く同じ形状の動脈瘤を再現したモデルです。これを使ってトレーニングすることで、手術時間の短縮や細かなミスの削減が可能です。これまで利用していた3Dプリントに必要な設備が高額であることから、低予算で同じものが作れないかというご相談をいただきました。

現在は、これまでの設備投資の1/10以下かつ作業時間を大幅に短縮する新しいシュミレーション用モデル作成プロセスを開発し、血管内治療の現場に普及することを目指しています。

クライアント

大鉄精工株式会社

東海教育産業株式会社

国立大学法人 東京大学

国立大学法人 東京医科歯科大学

国立大学法人 東北大学

国立大学法人 名古屋大学

国立大学法人 新潟大学

日機装株式会社

函館中央病院

株式会社ミラプロ

3D-offer合同会社

株式会社アムテック

株式会社池田理化

関西労災病院

有限会社グローバルウィンド

こいぬま歯科

医療法人社団しみず歯科 神戸審美インプラントセンター

日本ケミカルスクリュー株式会社

日本テクノサービス株式会社

株式会社伸和精工

東京医科歯科大学

東京医科歯科大学