【マークフォージド ものづくりセミナー 2024】東京と名古屋にて開催!

February 1, 2024


【新型3Dプリンタ・素材とソフトウェアで「分散型ものづくり」】

本セミナーでは、米Markforged本社より新製品及びプラットフォーム統括ディレクターのトリップ・バード氏を迎え、IoTを駆使した新型カーボンファイバー3Dプリンター「FX10™」の実機を展示いたします。日本での展示は初となります!

さらに、スーパーエンプラPEKK素材「VEGA™」から、世界の実在庫や物流の現状、「分散型ものづくり」を実現するソフトウェア「Digital Source™」の技術説明と活用事例まで、ご紹介する予定です。

なお、本セミナーでは、3Dプリンターの初級・中級者に向けたベーシック・セクションも準備しております。3Dプリンティングの基礎から、市場および技術のトレンド、そしてマークフォージドのカーボンファイバー、メタルバインダージェット式及びメタルフィラメント式の金属3Dプリンターなどの既存の製品群の説明も行います。すでにAMを熟知されているユーザ様や、マークフォージドの技術を良くご存知の方は、メイン・セッションのお時間からのみの参加でも問題ありません。

マークフォージドのアディティブ製造(AM)ソリューションは、最新のハードウェア、ソフトウェアと素材の活用で、日本のものづくりをさらに進化させ、今日のサプライチェーンの様々な課題を解決します。参加費は無料となっておりますので、ご興味のある方は是非お申し込みください。

申し込みはこちら

【内容】

第一部: ベーシック・セッション(13:00開場、13:30より)〜初級・中級〜

3Dプリンティングの基礎と世界のトレンド

樹脂・コンポジット(カーボン)3Dプリンタとソフトウェア

金属3Dプリンタ:レーザー・電子ビーム・フィラメント・バインダージェット式

発表者: マークフォージド・ジャパン株式会社

代表取締役社長  トーマス・パン(日本語講演)

シニア・アプリケーション・エンジニア 奥野仁孝

第二部:メイン・セッション(新製品)(15:00より)〜ユーザ・上級〜

カーボンファイバー3Dプリンタ「FX10™ 」のご紹介

FX20用のスーパーエンプラ素材「VEGA™」のご紹介

「分散型ものづくり」を可能にする「Digital Source™」のご紹介

在庫レス、「分散型ものづくり」のメリット

活用事例のご紹介


発表者:(米)Markforged, Inc. 

プロダクト&プラットフォーム統括ディレクター トリップ・バード
※英語の場合は、日本語の逐次通訳が提供されます

【日程詳細】

東京講演日程:
2月14日(水)13:00開場(13:30-16:30まで)
TKPガーデンシティPREMIUM品川 5F ホール5A
〒108-0074
東京都港区高輪4-11-16 京急第11ビル 5階

名古屋講演日程:
2月16日(金)13:00開場(13:30-16:30まで)
TKPガーデンシティPREMIUM名駅西口 3Fアルタイル
〒453-0014
愛知県名古屋市中村区則武1丁目6−3 ベルヴュオフィス名古屋

申し込みはこちら

back-article

イタリアのロボットアーム式大型樹脂3DプリンターメーカーのCaracol社と日本総代理店契約を締結

January 24, 2024
これ以前の記事はありません。

これ以降の記事はありません。
next-article

お問い合わせ

こちらから
お問い合わせ